More

髪をトーンダウンする時の教科書

KiRANA SENDAI、スズキユタカです。

今回はカラーについてのお話をさせて頂こうかと。
最近、秋だからということもあってか『ダークトーン』みたいなカラーのオーダーが増えている気がします。

そこで今回は…

黒染め・白髪染め・トーンダウンの違いは?

一口に「暗くする」と言っても仕上がりは様々です。そのへんの違いと暗めのカラーにする時のアドバイスをば。

トーンダウン

ここはサラッと流してください。そのまんまです。
文字通りトーン(明るさ)をダウン(暗く)することです。
なので最初の明るさより暗くなれば全てトーンダウンです。

白髪染め

白髪染めも文字通り白髪を染めるための薬なわけですが、じゃあファッションカラーと呼ばれる普通のカラー剤と白髪染めのカラー剤は何が違うのか、それは

ブラウンが入っているかいないか

簡単に言うとこれです。
白髪は白、自毛は黒なわけですからこれを同じ色(厳密には近い色)にするために白髪にないブラウンを足せるように作ってあるのが白髪染めです。
極端に言えば赤系のファッションカラーには赤の染料のみ、白髪染めには赤+ブラウンが入ってるってことですね。
最近の白髪染めは昔のように変に黒っぽく入ることもなく(しようと思えばできますが)、濃いファッションカラーみたいな雰囲気になってきています。

実際、褪色の早い方や黄色みが強い状態をトーンダウンする時に白髪染めを少量ミックスしてコントロールすることもあるくらいですから、あまり「白髪染め」というくくりに縛られてネガティブに考える必要は全くありません。

黒染め

一方、黒染めですがこちらはかなり慎重に考えるべき事案ですね。
カウンセリングなどの際にこのワードを安易に使わないことをオススメします。
「黒」という色はあくまで「黒」であって、“明るめの黒”とか“透明感のある黒”というのは存在しません。
「黒」という唯一無二の色です。

髪の毛の黒はメラニン色素なのですが、メラニン色素にはユーメラニンとフェオメラニンの二種類がありそれぞれ、赤褐色と黄褐色です。これの濃さや両、バランスで自毛の色が決まります。つまり、黒ではなく極端に濃い茶色が二種類混ざっている状態です。

ここが大事なのですが、カラーで入れるのは染料です。
そしてカラーで髪が明るくなるのはメラニンを壊すことで明るくなります。

つまり、自毛と同じ「黒」にした場合、自毛の「黒」はメラニン色素なのでカラーで明るくできますが、基本的にカラーの染料の「黒」はカラー剤では明るくできません。

ですので、黒くする場合はその後どのタイミングでどのくらいまで明るくするのかなどを考慮した上で染めないとその後にかなり響きます。

暗めにする時のオススメカラー

では、暗くしたい時にどんな色で暗くすればオシャレかつ暗めになるのでしょう?

アッシュ系のダークトーン

これは最近定番と言ってもいいくらいになって来てますしわたし自身もよくご提案させて頂いています。
お仕事などで結んだりして髪がまとまっている(光にすけない状態)だと暗く見せれますが、光に透けるとグレーがかったような透明感があり柔らかさや軽さを損なわない色です。

バイオレット系のダークトーン

こちらはちょうど最近オススメしているカラーでアッシュと同じように透明感も出せますが、赤みが多少加わることでしっとりした質感やツヤ感を見せることが出来ますし、より上品な仕上がりになり洗練されたオトナな雰囲気をプラスできます。

ブラウン系のカラー

ごくごくナチュラルに、なるべく「普通」にしたい方にはやはりブラウンですね。
ただし染める前の状態で変わりやすいのでそのへんの考慮も必要になってくるのと、色が抜けていく時のイメージもしながら染めるのが大事ですね。

秋冬は服も落ち着いた色が増えてきて髪もトーンダウンしたい方が増えてくると思いますのでぜひご参考になさってください!

スズキユタカのヘアカタログ

More

新着ヘアスタイル

More